教育ローン

教育ローン どんな人が利用しているの?

子どもの進学費用が家計ではまかないきれず、我が家は教育ローンを利用。
事前に教育費を準備できなかった私って、親としてどうなの・・・?
ローンに頼る、ということは少なからず後ろめたい気持ちがある方もいらっしゃるでしょう。
実際にどういった方が教育ローンを利用しているかのデータがあるので、ここにご紹介してみたいと思います。

国民生活金融公庫が行っているデータなので、いわゆる「国の教育ローン」の利用者データです。
もっとも利用者の多い教育ローンが、国の教育ローンでしょうから、教育ローン利用者の現状を知るには充分なデータだと思われます。

このデータによると、最も一般的な教育ローン利用者は以下のようになります。
・子どもは2人の4人家族。
・一家の稼ぎ手であるお父さんは50歳。
・お母さんのパート代も含めて、世帯の年収は約650万円。
・教育ローンは子どもの大学進学のために利用。

どうですか?この年代では極平均的な年収の、極一般的な家族構成の、極々普通の10000件以上のご家庭で利用されているんです。
そして、教育ローンを利用したからといって、教育費は家計で充分まかないきれているかといえば、そうでもないようです。
家族旅行を控えたり、外食や衣類の購入を抑えたりして何とか教育費を捻出している家庭が6割以上です。
お子さん自身にアルバイトをしてもらって、教育費をまかなっている家庭も半数近くあります。

教育費をまかなうというのは、どこの家庭でもとても負担が大きく、教育ローンを利用したりして何とか切り抜けている。
これが今の日本の極一般的な姿のようですね。

QLOOKアクセス解析