教育ローン

JA組合員ならJAバンクの教育ローン

家計から教育費を捻出するのが難しくなったら、教育ローンを利用することを考えてみましょう。

教育ローンは公的機関のものと、民間金融機関のものとがあります。
銀行、信用組合、JAバンクなどの各金融機関で扱っています。
できれば公的機関の「国の教育ローン」が利用できれば良いのですが、条件に当てはまらなければ融資を受けられません。

JA(農協)の組合員の方であれば、JAバンクの教育ローンを利用しましょう。
各地域のJAバンクによって、融資内容が多少異なりますが、大体以下の通りです。

融資を受ける資格は、申し込み時満20歳以上で、完済時満71歳未満であること、前年度年収が150万円以上であること、勤続年数が1年以上でJA地区内に1年以上移住していること等です。
JAの教育ローンは最大500万円までの融資を受けることができます。
融資金は高校、大学、専門学校などの、入学金、授業料、下宿代など教育費のいろいろな事に利用できます。
融資期間は6ヶ月単位で7年以内ですが、据え置き期間を含めて、最長14年以内です。
在学中に元金の返済を据え置くことができます。

金利は、各地域のJAバンクにより変わりますので、店頭で確認してください。
金利は変動型金利か固定型金利かを選びます。
返済期間が短ければ変動型にすると良いでしょう。
融資には保証人は必要ありません。
担保も必要ありませんが、JAバンクが指定する保証期間の保証を受けることが必要です。

JAバンクでは、9月から翌年3月くらいの間の受験・入学シーズンに、教育ローンのキャンペーンを行っています。
キャンペーン期間中であれば金利が安く融資を受けることができますので、この時期に申し込んだ方が良いでしょう。
また、子供の数によって金利の優遇が受けられる場合もあります。

QLOOKアクセス解析