教育ローン

留学にも使える!教育ローン

野茂にイチロー、松井に松坂。
日本のプロ野球界で活躍していた選手たちが、次々に大リーグへと移籍していっています。
日本でも野球はできるし、収入だって充分あるはずなのに、あえて渡米する理由。
それは、自分の実力を試したい!というチャレンジ精神です。

スケールや目的はまったく違うかもしれませんが、留学を希望する人たちも同じような気持ちからでしょう。
ただ、留学希望者と、イチローや松井とは絶対的に異なる現実的大きな問題があります。
松井や松坂は、いわば野球界の最優秀生。
大リーグの球団側が大金を払ってでも招き入れたい実力の持ち主たちです。
が、留学希望者はそうは行きません。
お金を払ってもらうどころか、すべての資金を自分たちで準備しなければ留学は実現しません。

留学をするには、国内での進学にはない様々な障壁があります。
こと金銭面に限ってみても、入学金や学費のほかに、渡航費や滞在費などが別にかかってきます。
教育ローンは留学にも利用可能で、国内進学以上に予算が必要とにとても頼れます。
公的な教育ローンも条件を満たせば200万円までの融資を受けることができます。
が、就学ビザを取得できる留学、というのが前提で、かつ、就学期間6ヶ月以上という条件があります。
ちょっとホームステイしてみたい、とかワーキングホリデーでの留学、ボランティア留学には使えません。
また、国内の高校以上の学校のほとんどは公的教育ローンの対象になっていますが、留学となると話は変わってきます。
対象外の学校も多くあるので、事前に調べておかなければなりません。
また、留学先での生活費は公的教育ローンの使用目的対象外となっているので、別途用意が必要です。
生活費は現金で用意をしておくか、民間の金融機関の教育ローンやフリーローンを利用するのも手です。

QLOOKアクセス解析