教育ローン

海外では自立の証「学生ローン」 日本では・・・

「教育」という言葉を辞書で調べると、「他人に対して、意図的な働きかけを行うことによって、その人間を望ましい方向へ変化させること。」とあります。
教育とは、親が子に、教師が生徒に、師匠が弟子にといったように、一般的に上の立場に立つ人が、こうなって欲しいという願いをこめて未熟な人に行う行為です。

教育ローンの「教育」も例外ではなく、基本的には学費を必要とする学生本人が対象ではなく、その学生の保護者への融資となっています。
でも、日本で大学に入学する年齢は18歳以上。
法律的には20歳未満なので大人ではありませんが、もう自分のことは自分で考えて行動できる年齢になっていますよね。
学生の保護者対象である教育ローンに対して、学生本人が対象となる「学生ローン」というのがあるのをご存知ですか?

今のところ日本では、この学生ローン、消費者金融のみが使用している名称です。
日本での学生ローンとは、学生でも、バイトをしていてある程度の稼ぎがあれば返済能力がある、とみなしてクレジットカードを作ることができる、ということ。
でも、海外では違ってきます。
消費者金融に限らず、民間の大手銀行だけでなく、公的機関の学生ローンもあるくらい、広く普及しています。
日本で、自分の学費のために、学生本人が対象となっている貸与制度のことは、「奨学金」と呼びます。
が、海外では、この奨学金のことも「学生ローン」と呼んでいるのです。

日本では親が「教育ローン」で学費をまかない、学生本人は「学生ローン」でお買い物。
海外では、自分の学費を自分で何とかするための「学生ローン」>。
なんとなく、海外の学生たちの自立した精神を感じてしまうのは私だけでしょうか・・・。

QLOOKアクセス解析